社長ブログ

月讀

  • LINEで送る

縄文人は、

月を讀んで生活していました。

月は、

生まれ変わりの

象徴でもありました。

1万年もの間、戦うこともなく

自然の一部として

生活してきました。

生き返ることを信じて。

生と死は同じこと

子宮の中で生まれ

およそ20歳の寿命で死ぬ。

弥生人(外国人)が

日本にやってきて、

稲作をするようになって

土地に対する執着がうまれ

戦うことを知った。

私は日本人です。

縄文人の血が流れています

自然の一部となり生きること

それは、

地球に生きとし生きるもの全ての

当たり前

何にも執着しないで

さぁ。

自然の中に包まれることを

想像してみてください。

気持ちが楽になる。